베이비빌리메인로고
콘텐츠 상세 이미지

もしかしてマタニティーブルー?

閲覧 1,158

赤ちゃんが生まれて幸せなのに、感情の変化が激しくなりイライラしたり急に落ち込んでしまうことはありませんか。何気ない一言に傷ついてしまうこともあるかもしれません。これらの症状は、もしかすると「マタニティーブルー」による可能性があります。本文では、そんなマタニティーブルーの原因や症状、対処方法についてまとめました📖


マタニティーブルーとは?

✔ マタニティーブルーの原因

マタニティーブルーとは、妊娠中または出産後に現れる不安症💭のことをいい、正式名称は「マタニティブルーズ」です。元々は、出産後の不安症のことを指していましたが、最近では出産前後の不安症を合わせて呼ぶことも多くなりました。マタニティーブルーは、精神的に不安定になることから身体的にも良くない影響😖が出るケースもあります。マタニティブルーになる原因は、まだはっきりと解明されてはいませんが、次のようなものが原因であると考えられています。

  • 妊娠と出産による女性ホルモンの急激な変動
  • 妊娠と出産による心身・環境の変化
  • 妊娠と出産による体力低下・睡眠不足


✔ マタニティーブルーの症状

妊娠と出産に伴う急激なホルモンの変化によって、普段より気分の変動が激しくなり、ネガティブな思考になるのが、マタニティーブルーの主な症状です。次にマタニティーブルーの症状を精神的な面と身体的な面に分けてまとめてみました🤲🏻

精神的な症状

身体的な症状

  • 落ち込んだ気分になる

  • 急に涙が出る

  • 出産や育児に強い不安や恐怖を感じる

  • イライラする

  • 感情のコントロールができない

  • 自己嫌悪に落ちてしまう

  • 不眠

  • 過食または拒食

  • 頭痛

  • 倦怠感

  • 動悸

  • 息切れ


✔ マタニティーブルーはいつまで続くの?

マタニティーブルーは病的なものではありませんが、症状が悪化すると「産後うつ」につながるリスクも高まり📈ます。一般的には産後1年程度は症状が続くとも言われていますが、発症する時期や症状が続く期間には個人差があり、数日だったり2~3週間程度で良くなる人もいるようです。ですが、マタニティーブルーが長期にわたって続くと本人はもちろん、赤ちゃん👶🏻にも良くないので、気分転換をしたりリラックスする時間を作り、気持ちがリフレッシュできるよう工夫してみましょう。


マタニティーブルーの対処方法は?

最後に、マタニティーブルーを上手く乗りきる方法をご紹介します。

1️⃣感情を素直に表現する

つらいことはつらいと表現し、泣きたい時😭には思い切り泣くなど、感情を素直に表現しましょう。

2️⃣十分な睡眠をとって体を休める

睡眠不足は、精神的な不調を引き起こす原因の一つです。なので、家族に助けてもらいながら十分な睡眠をとるようにしましょう。

3️⃣原因があるということを理解する

マタニティブルーが女性ホルモン👩🏻の影響によって起こるものだということを理解し、仕方ないことだと受け入れるようにしましょう。間違っても自分を責めてしまわないようにしてください。

4️⃣日常生活に運動を取り入れる

適度な運動は脳を活性化させ、ストレスを解消する効果が期待できます。また、運動をしたり外の空気を吸いながら軽くウォーキング🚶🏻‍♀️することで、気持ちもリフレッシュできるはずです。

5️⃣周りの人に相談する

パパや家族、友だちなどに相談することも一つの方法です。人に話すことで気持ちも楽になり、周りの人にフォローしてもらうこともできます。

앱 아이콘

Baby Billyアプリをダウンロードし
さらに多くのコンテンツをご覧ください