베이비빌리메인로고
콘텐츠 상세 이미지

赤ちゃんの頭が柔らかい理由は?

閲覧 1,008

赤ちゃんの頭を触ってみたことがありますか?赤ちゃん👶🏻の頭頂部には、プヨプヨとした柔らかい部分があることに気づく方も多いと思います。これは「大泉門」と呼ばれる部分で、大泉門は生後10ヶ月ごろを過ぎると徐々に閉じていきます。そんな、赤ちゃんの頭が柔らかいと感じる理由でもある大泉門について詳しく見ていきましょう🔍


赤ちゃんの頭が柔らかい理由

✔ 大泉門とは?

大泉門とは、赤ちゃんの頭頂部にある柔らかい部分のことをいいます。頭蓋骨は、いくつかの骨🦴の組み合わせで構成され、骨と骨の間に継ぎ目部分があります。生まれたばかりの赤ちゃんだと、この継ぎ目の部分がまだ完全に閉じていない状態なので、隙間ができますがこれが「大泉門」と呼ばれるものになります。前頭部の中央にある大泉門は、手で触るとプヨプヨしており柔らかい感じがします。大泉門ができる理由は、出産時🤰🏻に赤ちゃんが産道を通る際、頭が圧迫される衝撃を吸収し頭を小さくするためです。その他にも、頭蓋骨脳の発達と成長を妨げないようにする役割もします。大泉門は、赤ちゃんの成長🌱と共に閉じていきますが、赤ちゃんの生後10ヶ月頃から閉じ始め、生後1際半頃には完全に閉じるケースが多いです。


✔ 大泉門の注意点を知ろう

大泉門の状態や症状に関する注意点をまとめてみました💁🏻‍♀️

👉🏻へこみ・陥没

大泉門がへこんでいたり陥没している場合、脱水症状である可能性があります。この場合、水分補給💧で脱水症状がよくなると大泉門も元に戻ります。

👉🏻腫れ・膨隆 (ぼうりゅう)

大泉門が腫れたり、膨隆(膨張して大きくなっている状態)している場合、水頭症や髄膜炎、突発性発疹などの病気によるものである可能性があります。

👉🏻脈動を感じる

心臓🫀の鼓動と一致するように大泉門が脈打つことがありますが、これはよくあることなので心配はいらないでしょう。

👉🏻大きさ(大きく・小さい)

生まれた時の大泉門の大きさは3cmほどですが、これより多少大きかったり小さかったりしても他に目立つ異常がなければ特に問題ありません。

👉🏻大泉門が閉じない

もし大泉門が2歳を過ぎても閉じない場合は、水頭症やダウン症候群、先天性奇形症候群などの病気が考えられます🧑🏻‍⚕️


大泉門の接し方

赤ちゃんの大泉門が閉鎖されるまでは、どのように接すれば良いのでしょうあ。また、どういったことに注意⚠️すべきでしょうか。大泉門は、柔らかくてデリケートな部分なので、必要以上に触らないようにしましょう。赤ちゃんの頭を洗う時には、ゴシゴシと強く洗わずに優しく洗う🫧ようにします。お風呂の後は、柔らかいガーゼやブラシなどで軽くブラッシングしあげてください。また大泉門は、強く押しすぎたりすると脳に直接衝撃が伝わる可能性があります。もし大泉門にぶつけてしまった場合、赤ちゃんがすぐ泣き出し場合は様子を見ても良いですが、赤ちゃんが泣かずにぐったりしていたり、失神、出血などの症状が見られる場合は、すぐ病院🏥に向かいましょう。

앱 아이콘

Baby Billyアプリをダウンロードし
さらに多くのコンテンツをご覧ください