베이비빌리메인로고
콘텐츠 상세 이미지

おもちゃ選びのポイントと注意点!

閲覧 1,020

赤ちゃんは、おもちゃで楽しく遊びながら成長します。赤ちゃんにとっておもちゃは、ただの遊び道具🧸ではなく色々な刺激を与えてくれるものなので、おもちゃは知育の観点から見ても赤ちゃんの成長において欠かせないものです。ですが、赤ちゃんにおもちゃを与える時期やどんなおもちゃを与えるべきかなどは、少し悩まれるところです。そこで今回は、赤ちゃんのおもちゃ選びのポイントと注意点について説明したいと思います📝


おもちゃはいつから必要?

おもちゃが赤ちゃんに必要だということが分かっていても、生まれたばかりでまだ首もすわっていない赤ちゃんにも、おもちゃが必要なのかなと思う方もいるでしょう。専門的な観点👀から見ると、「新生児にもおもちゃはあった方が良い」とのことです。新生児の脳は、生後8ヶ月頃までにほぼ2倍にも大きくなると言われています。つまり、脳が急激に成長する時期であり、この時期におもちゃなどで赤ちゃんに刺激を与えることは、赤ちゃんの脳🧠の活性化や成長に役立ちます。また赤ちゃんは、おもちゃで遊ぶことで考える力やコミュニケーション能力、感性などを身につけていきます。赤ちゃんの脳の成長を考慮し、それぞれの時期に合った知育玩具を与えると、脳への影響もさらに効果的になります✨


おもちゃ選びのポイント

✔ 赤ちゃんの成長を考慮しよう!

赤ちゃんのおもちゃを選ぶ際に、考慮する必要がある赤ちゃんの月齢は、生後1ヶ月から7ヶ月頃までと生後7ヶ月以降から11ヶ月頃までと分けて考えるのが一般的です。そんな、月齢ごとのおすすめのおもちゃを紹介します🤲🏻

1️⃣生後1ヶ月~7ヶ月頃まで

生後1ヶ月から7ヶ月頃までの赤ちゃんは、まだ五感の発達が十分ではないので、手指を器用に使って遊ぶことは難しいです。また、この時期は視力も発達途中であるため、動きがゆっくりとしているタイプのおもちゃがおすすめです。また、音や色はある程度認識できるので、優しい音🎵が出るおもちゃや色がはっきりをしているおもちゃが良いですよ。

2️⃣生後7ヶ月以降~11ヶ月頃まで

この時期の赤ちゃんは、以前より手指の使い方が器用になり始めるので、「握る」「引っ張る」など手指✋🏻への刺激を感じられるおもちゃがおすすめです。また、掴まり立ちができるようになったあかちゃんには、プルトイや手押し車なども効果的ですよ。


✔ おもちゃ選びのポイントと注意点

次に、おもちゃ選びのポイントと注意点について見ていきましょう🔍

👉🏻安全なもの

おもちゃ選びで最も気をつけてほしいポイントは、安全性です。大人だと気にならない程度の形や角、材質などでも赤ちゃんが怪我をしてしまうことがあります。おもちゃの材質はもちろん、塗料の種類や小さい部品の有無まで確認し、なるべく「STマーク」がついているものを選びましょう。

👉🏻衛生的なもの

赤ちゃんは、手にしたものをすぐ口に運ぶことが多いです。なので、おもちゃは常に清潔🫧にしておく必要があります。こういった面を考慮し、簡単に洗ったり拭き取ることができるおもちゃを選ぶと、おもちゃの衛生面も清潔に保つことができますよ。

👉🏻知育効果が得られるもの

赤ちゃんの脳の発達を促すという側面から、おもちゃの知育効果もおもちゃ選びの重要なポイントになります。赤ちゃんの成長に合わせて、はっきりした色合い🪅のものや音が出るものなどを選びましょう。

앱 아이콘

Baby Billyアプリをダウンロードし
さらに多くのコンテンツをご覧ください