베이비빌리메인로고
콘텐츠 상세 이미지

妊娠したら歯科検診が必要なワケ

閲覧 1,177

妊娠すると、ホルモンバランスの変化や体調などの変化により、口内環境が乱れがちです。口内環境が乱れてしまうと、歯周病や虫歯🦷といった症状が現れ、その菌が体内に入り込んでしまうと、早産などのリスクが高まる可能性もあります。なので、妊娠中にも歯科検診を受けることが大切です。今回は、妊娠中に歯科検診を受けるタイミングや、検診を受ける必要性についてもさらに詳しく見ていきたいと思います🔍


妊娠中に起こる口内トラブルの原因

✔ 女性ホルモンの増加

妊娠することで、体調やホルモンバランスの変化が起き、それに伴い口内環境にも変化が生じます。妊娠中に増加する女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲンなど)は、歯周ポケットから出てくる液体や唾液と一緒に口内にも広がります。歯周病菌🦠は、この女性ホルモンを好むため、ホルモンが増加すればするほど、歯周病菌の働きも盛んになり、歯肉炎が起きやすくなります。また、唾液の分泌量が低下すると、唾液の酸を中和する力が落ち、口内が酸性に傾きやすくなります。こういった状況が続くことで、歯茎の腫れや出血、虫歯といった口内トラブルが起きてしまうのです😖


✔ つわりによる口内環境の悪化

つわりの症状が出はじまると、空腹にならないようにと頻繁にガムや飴🍬を口にしたり、食事の回数も増えたりと、歯が虫歯菌にさらされる時間が長くなってしまいます。また、つわりの症状がひどいと、歯磨きをするのも困難になることがあるでしょう。そういった日々が続いてしまうことで、虫歯菌の活動も活発になり、口内トラブルが起きてしまうことも原因のひとつと言えるでしょう。


赤ちゃんへの影響は?

虫歯菌や歯周病菌が、妊娠中に口内から体内へと入ってしまうと、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。また、出産後も育児に追われ虫歯を放っておくと、大人の唾液を介して赤ちゃん👶🏻にも感染する恐れがあります。赤ちゃんの虫歯を守るためには、虫歯菌を移さないこともとても重要です。ですので、妊娠前や妊娠時にも定期的に歯科検診を受けることが大切です。


妊娠中に歯科検診を受けるタイミング

妊娠初期(妊娠15週目ころまで)は、切迫流産のリスクが高いため、緊急度の高い治療でない限り治療を受けたり、歯科検診を受けるのは控えましょう。歯科検診を受けるタイミングとしては、安定期に入る妊娠20週目以降📅がおすすめです。また、妊娠32週以降は、切迫早産や突然の陣痛に備え、緊急時以外での治療は控えるようにしましょう。歯科医院にて治療や検診を受ける際は、必ず妊娠していることを医者にも伝えるようにしてください。


つわりの時期が過ぎ、安定期に入ったらなるべく早く歯科検診を受けるようにしましょう。お腹が大きくなればなるほど、治療の姿勢を保つのもつらくなってしまうので、負担がかからない時期を選んで検診を受けることが大切です☝🏻

앱 아이콘

Baby Billyアプリをダウンロードし
さらに多くのコンテンツをご覧ください