베이비빌리메인로고
콘텐츠 상세 이미지

妊娠線の予防とケアもうしてる?

閲覧 1,258

妊娠中に妊婦さんを悩ませる症状はさまざまですが、その中でも「妊娠線」で悩まれる方は多いのではないでしょうか。産後に妊娠線がきちんと消えてくれるのか、不安になることもあるでしょう。そんな妊娠中の悩みのひとつでもある妊娠線について、原因や予防・セルフケア法などをまとめてみました🤲🏻


妊娠線とは

妊娠しお腹が大きくなってくると、お腹や体の皮膚に縞模様のような肉割れ線ができることがあります。この線のことを妊娠線と呼び、急激な体重・体型の変化によって現れます。正式名称は、線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)となり、出始めはピンク色の線が現れ、時間とともに段々とスイカ🍉のように赤黒く変化するのが特徴です。産後は白くなって目立たなくなるものの、完全に消えることはないと言われています。妊娠線が出やすい体の部位は、脂肪がつきやすい部位で、胸、二の腕、お腹、足の付け根、おしりや太ももなどです。


妊娠線ができる原因

👉🏻急激な体型の変化

お腹が大きくなると、お腹の大きさに合わせて、皮膚の表面も伸びていきます。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」と呼ばれる3層構造になっており、表皮は皮膚の一番上にある伸縮性の高い層です。真皮はエラスチンなど肌の弾力成分を含む層、皮下組織は皮下脂肪がつく部分で一番下にある層となります。妊娠中に急激にお腹が大きくなったり、体重が増えると皮下組織内に脂肪が蓄えられます。皮下組織🧬に脂肪がつき膨張すると、真皮や表皮も引っ張られるように伸びていきます。ですが、伸縮性の高い表皮に比べ、真皮は柔軟性が高くないため、皮下脂肪の膨張の速さについていけず、皮膚の表面が裂けてしまい縞模様のような妊娠線ができてしまうのです。


👉🏻ホルモンの影響

妊娠によって分泌が増加する「副腎皮質ホルモン」も、妊娠線ができる大きな原因のひとつです。副腎皮質ホルモンには、コラーゲンの生成や真皮のターンオーバーを抑制する働きがあります。肌は約28日周期📅で新しく生まれ変われますが、副腎皮質ホルモンによって肌に弾力がなくなり伸縮性の弱まった状態が長く続いてしまいます。また副腎皮質ホルモンは、コラーゲンの生成も抑制するため、妊婦さんの肌はより肉割れを起こしやすい状態になるのです。特に、妊娠初期から中期にかけて、お腹がまだそれほど大きくなく、急激な体重変化がないにも関わらず、妊娠線が現れた場合はこの副腎皮質ホルモンの影響だと考えられます。


妊娠線の予防とケア

🫧妊娠線を予防する方法

妊娠線の大きな原因である、副腎皮質ホルモンの一種である「コチゾール」は、ストレスにより分泌が促されます。妊娠中は、さまざまな心身の変化やつわり、不安などでストレスを感じやすいため、これらのストレスがコチゾールの分泌を促す原因となってしまいます。なので、日ごろからストレス💭を感じず、溜めすぎないような生活を心がけることが大切です。また、急激な体重の増加は皮下組織内に脂肪を増加させ、その分真皮にかかる負担も大きくなり妊娠線ができやすくなります。そのため、なるべく急激な体重増加をしないように体重管理もしっかり行うようにしましょう。


🫧妊娠線のセルフケア

妊娠線予防専用のスキンケア製品を利用し行う予防は、多くの妊婦さん🤰🏻が実践しているセルフケア方法の一つです。妊娠線の予防には、真皮の保湿がとても大切です。妊娠線予防クリームや専用ボディークリームは、一般的な保湿製品とは多少異なり、高い浸透力や無香料、防腐剤を使用しない低刺激な製品が多いことが特徴です。こういった妊娠線予防クリーム🧴を使用し、こまめにセルフケアを行い早い段階から対策することで、産後より妊娠線が目立たなくなるでしょう。

앱 아이콘

Baby Billyアプリをダウンロードし
さらに多くのコンテンツをご覧ください