베이비빌리메인로고
콘텐츠 상세 이미지

妊娠中のセックスどこまで大丈夫?

閲覧 1,977

妊娠は日常生活に大きな変化を起こします。性生活も除けません。セックスは夫婦にとって大切なコミュニケーションの一つですが、妊娠中にセックスをしていいのか、流産や早産のリスクはないのか、お腹の赤ちゃん👶🏻に何か影響はないのか、注意点は何があるのか、してはいけない時はあるのか、など妊娠中のセックスについては疑問だらけでしょう。そんな不安を抱えている妊婦さんも多い妊娠中のセックスについて、詳しく見ていきたいと思います🔍


妊娠中にセックスはできるの?

✔ 注意点を守っていれば妊娠中もセックスは可能

原則として妊娠中のセックスは禁じられていません。妊娠中のセックスは絶対にダメという訳ではなく、注意点を正しく守りさえすれば、夫婦がお互い情緒的に支えられるなどポジティブな面も多いのです。妊婦さんの体調が良いのであれば特に問題は無いのですが、妊娠初期や切迫早産、胎盤の位置異常などを診断されている場合はセックスは控えた方が良いでしょう。安定期に入り妊娠経過が順調であれば、深く挿入せず無理な体位をしない、感染症予防🦠のためにコンドームをするなどの配慮をした上でセックスするのは問題ないです。安定期でも出血があった場合や、お腹が張っている時、あまり気分がすぐれない時などは避けるようにしてください。また、妊娠中はホルモンの影響で性欲が減退することもあるので、夫婦でたくさん話し合い相手への思いやりの気持ち持つようにしましょう🤝🏻


妊娠中の注意点や厳禁な状況とは?

✔ 守るべき注意点

妊娠中のセックスには守るべき注意点がいくつかあります。この注意点を守れば、妊娠中でもセックスを楽しめます。まずは無理はしないことです。妊娠中のセックスは、妊婦さん🤰🏻自身が苦しくないことが大前提です。おなかを圧迫したり、女性が苦しい姿勢になるような体位を避けるように心がけてください。横向き、バック体位はおなかを圧迫せず負担が少ない体位で大きくなったお腹に衝撃がない体位です。また、妊娠中のセックスはソフトに触れ合うことを忘れないようにしてください。子宮頸管がぴたりと閉じているため、深く挿入したからといって男性の性器が赤ちゃんに届くことはありませんが、深く挿入することによって、子宮の収縮を促してしまう可能性もあります。浅い挿入を心がけ、常に妊婦さんの状態を気遣いながら楽しみましょう🍃


また妊娠中のセックスには、必ずコンドームを使用してください。性感染症の予防にもなり、精液に含まれているプロスタグランジンには、子宮収縮を促す作用があるためこういった作用から妊婦さんの体を守る必要があるためです。感染予防のためにも、セックスの前後はお風呂🛁に入ったり、シャワーを浴びるなど清潔面も注意するようにしましょう。妊娠中は膣の自浄作用が低下しているため、細菌に弱い状態となります。ですので感染には万全な注意をはらい、ソフトな触れ合いを心がけましょう☝🏻


✔ セックスが厳禁なケース

セックス厳禁な時のサインとしては、膣から出血🩸がある場合や、おなかが張っている時、子宮頸管が短くなっている時や、前置胎盤、子宮頸管無力症、また医師から安静の指示がある場合です。つわりで気分がすぐれない時もなるべく避けることがベストでしょう。その他にも、医師から切迫流産や切迫早産を指摘されてされているような場合は、必ず避けるようにしてください。


コミュニケーションを大切に

お腹の赤ちゃんに何かあると怖いと感じ、妊娠中のセックスを避ける夫婦も多いでしょう。妊娠中に行う夫婦間の情緒的触れ合い💑🏻は、赤ちゃんへもしっかり伝わるので、日ごろからスキンシップを意識しコミュニケーションを取り合うと良いです。毎朝「行ってきます」の時にハグをしたり、一緒にお風呂に入ったり、一緒にマタニティヨガやストレッチ🧘🏻‍♀️をして触れ合うなど、セックスの代わりにできるスキンシップは色々あります。こういった日常の触れ合いを大切にし、しっかりとコミュニケーションを取るようにしましょう。

앱 아이콘

Baby Billyアプリをダウンロードし
さらに多くのコンテンツをご覧ください