베이비빌리메인로고
콘텐츠 상세 이미지

注意したい!妊娠中のこんな症状

閲覧 1,588

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、母体は大きく変化し、さまざまな症状が引き起こされます。妊娠中に感じる症状のほとんどは、つらかったり不快な症状ですが、この大部分は妊娠中に起こる生理現象の一種なので大きな心配はいりません。また、どういった症状がどの程度で起こるかは、個人差があるものです。今回はそんな妊娠中に気をつけたい症状や、症状が出てしまった時の対処方法について詳しくみていきましょう✅


妊娠中に気をつけたい症状

🏷️貧血の症状

妊娠中によく現れる症状の一つに貧血があります。鉄分は赤ちゃんの血液🩸を形成する材料ともなるため、母体の鉄分が赤ちゃんに送られ妊婦さんは貧血を起こしやすくなります。妊娠後期には血液量が増えて血液が薄まるため、「欠乏性貧血」を引き起こす場合もあります。


🏷️激しい頭痛

妊娠するとホルモンの変化や疲れ、ストレス😫などが原因となって頭痛が生じる場合があります。頭痛が激しくなった場合は、高血圧や妊娠高血圧腎症と呼ばれる「高血圧障害」が発生する恐れもあります。妊婦さんに、高血圧の症状が出ることはとても危険な状態のサインとなるため、なるべく早い段階でかかりつけの病院にて一度診察を受けるようにしてください。


🏷️膣からの出血やおりものの変化

妊娠初期にはわずかな出血が生じる、「着床出血と」呼ばれる症状が現れることがあります。わずかな出血だといっても、出血は前置胎盤や子宮頚部感染症などのサインとなることもあります。妊娠中に出血がある場合は、出血量を問わず医師に一度相談しましょう。


妊娠中の対処方法について

🏷️対処方法や予防方法とは?

妊娠中には、身体的にも精神的にも大きな変化が伴うため異常が起きたり、おかしいなと感じたらすぐに病院へ連絡するようにしましょう。また、メンタル面でも出産や育児、将来のことを考え過ぎ💭てストレスが溜まらないように注意してください。妊娠中にも規則正しい生活をするよう心がけ、睡眠不足にならないように気をつけましょう。パートナーや家族にも、家事や掃除、買い出しなど、お腹や体に負担をかけやすいことを頼めるように予めサポートのお願いをしておくと安心ですね。食生活でも、栄養バランスの良い食事を心がけ、サプリメント💊を通して鉄分や葉酸など必要な栄養成分を摂取するのが望ましいと言えます。


もし、症状が出てしまった時に自己判断で様子を見たりしてしまうと、症状が悪化してしまうこともあります。体の異変を感じたり、症状が治まらない場合は無理せずかかりつけの病院🏥で一度診てもらうようにしましょう。

앱 아이콘

Baby Billyアプリをダウンロードし
さらに多くのコンテンツをご覧ください