베이비빌리메인로고
콘텐츠 상세 이미지

妊娠中この食べ物は要注意

閲覧 1,633

妊娠してから一番気になるのは妊娠中の食生活についてです。自身が摂取する食べ物が赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、気になる方も多いと思います。妊娠中には特に、赤ちゃんや妊婦さんの健康のためにも、栄養バランスの取れた食事をすることが大切です。今回は妊娠中、特に気をつけたい食事と、意識して摂取したい食事についてまとめました🥬

妊娠中に気をつけたい食習慣

気をつけた方が良い食べ物

妊娠中にはホルモンバランスが崩れやすいです。食欲がなくなると料理をするのもめんどくさくなり、ついインスタント食品やハンバーガーなど、いわゆる加工食品を食べがちです。ですが、ジャンクフード🍔と呼ばれる加工食品には、多くの塩分が含まれています。塩分を過剰に摂取すると、高血圧症候群を引き起こし、赤ちゃんの成長にさまざまな影響を与え、流産のリスクも高まってしまいます。なので、妊娠中には特に塩分を控えるように心がけましょう。そして注意する必要があるのはビタミンAです。ビタミンAは健康を保つ栄養素ですが、妊娠初期に食べ過ぎてしまうと、赤ちゃんに器官形成異常を引き起こす恐れがあります。食事以外のサプリメント💊などからの過剰摂取が多いため、サプリメントの摂取を検討している場合は、まずは医師と相談するようにしてください。


気をつけた方が良い飲み物

妊娠中にアルコール🍺を摂取すると、胎盤を通して赤ちゃんにさまざまな影響を与え、流産のリスクが高まる可能性があります。これを「胎児性アルコール症候群」と言います。赤ちゃんの奇形や、胎児の発育が遅れて中枢神経障害まで起こす危険があるため、妊娠中のアルコールは絶対にNGです!また、カフェイン☕も妊娠中に注意すべき飲み物となり、高血圧のリスクを高めると言われています。WHO(世界保健機構)でも、妊娠中のカフェイン量を1日に300mg(約2カップ)を超えないようにと推奨しています。最近ではデカフェやノンカフェインの飲み物も売られているため、できる限りカフェインを控えるように心がけましょう。


妊娠中なるべく摂取したい食べ物

つわりは大変!栄養バランスを考えて

妊娠初期につわりで食が進まない妊婦さんも多いと思います。つわりはホルモンバランスの変化によって味覚が変わって起きるのです。食欲が減少したにもかかわらず、赤ちゃんへの影響が心配になり、無理をしてまでも食べようとする妊婦さんもいるでしょう。しかし、大切なのは食事の量より、栄養バランスであることを覚えておいてくださいね😌


栄養バランスのとれた食事とは?

妊婦さんに大事な栄養素はどういったものがあるでしょう。代表的なものでは、鉄分、カルシウム、葉酸などが挙げられます。まず、鉄分はヘモグロビンを作る働きをします。体の中にヘモグロビンが不足すると貧血🩸を起こし、体の組織が酸欠状態となってしまうので、鉄分が多い豆乳、レバー、カツオ、アサリなどを十分に摂取してください。

また、カルシウムは骨を形成するのに必要な栄養素です。特に妊娠中には、エストロゲンと血中のビタミンD濃度の増加によって、カルシウムが不足する傾向にあります。カルシウムは赤ちゃんの歯と骨を形成し、妊婦さんの骨密度にも影響をあたえるため、意識して摂取するのが望ましいです。

葉酸は赤血球を形成するのに大事なビタミンB群で、赤ちゃんの成長に関連した必要栄養素となります。葉酸はブロッコリーやほうれん草、鳥卵、納豆などに含まれているので、妊娠初期は特に積極的に摂取するよう心がけましょう☝🏻

앱 아이콘

Baby Billyアプリをダウンロードし
さらに多くのコンテンツをご覧ください